中古せどらーのしゅんすけです!^^
【中古リサイクルせどりブログ】を見ていただきありがとうございます!

今回は「危険物」の見分け方や実際に商品などを紹介していきます。
リサイクルせどりをしていても、危険物は利益が出れば取り扱いますので、しっかり熟読してくださいねー!

納品にひと手間かかる危険物

せっかく仕入れたのに「危険物」だったので納品できない!!
なんてことありませんか?

危険物を納品するには納品前に許可を取らなければいけません。

申請から許可までは1-2週間かかることも多く、
初心者の方や許可がない人にとっては気を付けておきたいものです。


危険物を取り扱う際のデメリット

危険物を納品する際に以下のようなデメリットがあります!

・危険物の出品許可がないと納品できない
・危険物と通常商品は一緒に配送できないので、余計に配送料がかかり、利益が減ってしまう


小資金で始められるのがリサイクルせどりの醍醐味なのに
これじゃ余計に経費がかさんで儲けも少なくなってしまいますが。。。


実は、仕入れた商品が危険物かどうか
セラーセントラルで簡単に調べることができます!


セラーセントラルで危険物かどうかチェック

①セラーセントラルを開き、右上のヘルプをクリック

リサイクルせどり
リサイクルせどり

②検索欄に危険物と入力すると、
ASIN の検索という項目が出てくるのでチェック

リサイクルせどり
リサイクルせどり

③ASIN を入力すると、危険物かどうか分かります

リサイクルせどり
リサイクルせどり

実際に使ってみると…

リサイクルせどり
リサイクルせどり

こちらのフィリップス社の電気シェーバーは危険物です!
シェーバーを洗うクリーニングカートリッジにアルコールを含んでいるため
「危険物」でした!




リサイクルせどり
リサイクルせどり

また、一見アルコールなど含んでいなさそうなパックも危険物です。

化粧品や日用品は「危険物」の場合がよくあるので
先ほど紹介した方法で確認しましょう!


また、昨日まで通常納品できていた商品が、次の日に危険物になっていた( ;∀;)
なんてこともありますので、納品の際には気にかけてみてくださいね!


まとめ

今日は「危険物」について紹介しました(^^)

意外なものが「危険物」に指定されていることも多いので
事前にチェック!

危険物を納品することが多くなりそうな方は
アマゾンに許可申請を提出することをお勧めします(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました!


P.S.
メルマガ&LINE@では

しゅんすけのリサイクルせどりのノウハウを大公開!「絶対に公開できない裏情報(稼げる情報)」も公開しています!

中古せどりをもっと知りたい方は、是非ご登録ください!
↓ ↓ ↓
メルマガ登録はこちら