中古せどらーのしゅんすけです!^^
【中古せどりブログ】を見ていただきありがとうございます!

おはようございます。


今回は「売れる中古商品を仕入れるコツ」
についての記事です(*^▽^*)


利益の出る商品を見つけても
売れ行きが悪ければ、意味がありませんよね・・・。


この記事を参考にして、
「中古でも売れる商品」をザクザクと
見つけていきましょうね(@^^)/~~~


売れる中古商品の見つけ方

売れる中古品を仕入れるためには、
いつものモノレートの見方にプラスα
しなくてはいけません。


なぜなら、
「ランキングの波形もよく動いているとしても、
本当に中古が売れているかはわからないから」

です( ;∀;)


では、実際の例と共に
中古の商品を見てみましょう。




リサイクルせどり
リサイクルせどり

価格差もランキングも見る限り良さそうです。

リサイクルせどり
リサイクルせどり

しかし、安易に29,000円で売れると思って仕入れるとどうなるか?

実は、これって赤字や不良在庫のリスクを招くことがあります。


・・・そうならないための方法を紹介しますよ(*^▽^*)


中古の出品者の減少とランキングの上昇の確認

そうならないために、チェックしなければならないのが、
「中古の出品者の減少とランキングの上昇の確認」です。


下記図のように黒枠のところを見てください。

リサイクルせどり
リサイクルせどり

中古の出品者の減少があります。
その際に、ランキングが上がっているかも確認します。


こうすることで、

実際に中古が売れている価格がいくらか?
どれくらいの頻度で売れているのか

わかります。


どの状態で、どの価格で売れたか?を判断する

ここが一番の肝。
中古のややこしいポイント。

《どの状態で、どの価格で売れたか?》は
まだわからないということ。


そのために必要なのが

新品との価格差
中古が売れるまでにかかった期間を把握する

必要があります。


例えば、新品とそう値段が変わらない中古がすぐに売れている場合は、
『ほぼ新品』の可能性が高いです。


なので、今から仕入れる商品が『可』や『良』の状態であるなら、
安易に仕入れれば想定の値段で売れない可能性がありますよね。


中古の商品の状態の見極め方

中古の商品に慣れていない方は、利益が取れそうな所品を見つけても、
悩んで仕入れないことが多いようです。


というのも、
仕入れた中古がどのような状態で、アマゾンで売れるのか?売ってもいいのか?
と、迷うからです。


なので今回は私の基準をザックリと書いてみますね。


「ほぼ新品」の仕入基準と方法

リサイクルショプで美味しい仕入れ商品といえば
未使用品ですよね。


「ほぼ新品」は、
うまくいけば新品同様の価格で売ることができます。


どのような商品を「ほぼ新品」とするかといえば、
「未使用品だが何かしらお客様のクレームにつながりそうな商品」
としています。


○未開封品だけど箱に目立つ汚れや傷などがある。
○開封された跡がわかるが中身が新品である。
○展示されていたもので微細な傷がある可能性がある。
○未使用だが化粧箱がない商品


といった、新品で出してしまうとお客様にとってマイナスなものです。


逆を言えば、コメントにしっかりと書き、
その分値引きすれば、安く買いたいお客様にはメリットになる。

しっかりと見極めれば、高利益の商品を見つけることができます。


ホーム&キッチン製品や美容家電などがよく見つかるジャンルですし、
量販店の型落ち品などもこのような仕入れ基準になるかと思います。


出品する際は新品の価格の1割引程度から始めて、
1ヶ月売れ残ったら更に1割下げ、
3ヶ月で2〜3割引きで売れればいいかなって感覚です。


「非常に良い」の仕入基準と方法

どのような商品を「非常に良い」とするかといえば、
「付属品完備で使用感がない商品」
としています。


商品の状態説明のところにも
「状態が良い」「動作良好」「美品」
と書けばいいだけなので、楽ですよ。


「良い」の仕入基準と方法

どのような商品を「良い」とするかといえば、
「動作に必要な付属品が揃っていて、動作確認が取れているもの」
としています。


「良い」の商品は、使用感が多少あっても構いません。


ヤニなどの跡があっても、
その分安く売れるっても利益が出るくらいに
価格差があれば仕入れちゃいます。


購入者のクレームにつながるような状態は、
コメントに必ずすべて記入しましょうね。


「可」の仕入れ基準と方法

どのような商品を「可」とするかといえば、
「動作確認済みで本体に重大な欠品がない」
としています。


正常に使用できることはもちろんですが、
使用に最低限必要な付属品がなければ仕入れません。


私は、本体むき出しの商品もどんどん仕入れますが、
その際には、この『可』を使用することが多いです。


基本的に暖房器具や冷房器具などはそのまま使えるので、
どんどん仕入れちゃいます。

こちらも、出品の際には付属品や使用感などの
コメントをしっかりと書きましょう。


また、外箱が無い商品は
プチプチなどに包んで、出品しましょう

丁寧に包むことで、商品破損のリスクも少なくなりますし
お客様からの印象も良くなります。


まとめ

今回は、中古商品の見極め方と出品基準について紹介しました。


中古商品は仕入れが難しくて
手を出さないせどらーも多いので、
せひ挑戦してみてください。(@^^)/~~~


最後まで読んでいただきありがとうございました!


P.S.
メルマガ&LINE@では

ブログでは「絶対に公開できない裏情報(稼げる情報)」も公開しています!

中古せどりをもっと知りたい方は、是非ご登録ください!
↓ ↓ ↓
メルマガ登録はこちら