中古せどらーのしゅんすけです!^^
【中古リサイクルショップせどりブログ】を見ていただきありがとうございます!

おはようございます。


今回は「ジャンクテレビ仕入れ」
についての記事です(*^▽^*)


ジャンクテレビは
意外とジャンクせどり初心者に優しい、ジャンク品です。


仕入から販売まで、
いくつかのプロセスを解説しちゃいます\(゜ロ\)(/ロ゜)/


リサイクルショップせどりの参考にしてみてくださいね。


ジャンクテレビ:仕入れ先と売れるメーカー

仕入先は、基本的に
ハードオフのジャンクコーナーです。


しっかり動作しているにも関わらず、
「古い年式」というだけで安く売っているモノが
在庫として置いてあります( ;∀;)


仕入れる主なメーカーは、

・SHARP
・panasonic
・SONY
・TOSHIBA

基本的に、この4メーカーで仕入してみましょう!


ジャンクテレビ:仕入れの基準

動作に関しては『地デジが受信できる』


これだけで大丈夫です。


プリンターやスキャナーと違って、
仕入基準は実に明確ですね( ;∀;)


動作だけで、言えばこれで仕入基準は満たしていますが・・・


注意点があります!

1. 機械的な故障
(B-CASカードの不認識・本体ボタンの不具合)
2. 液晶画面の不具合(ドット抜け・キズ)
3. 画面が暗い、線が入る

このような商品は仕入れするのをあきらめましょう。
専門知識もないので、ここらへんの修理は、大変です。


リサイクルショップせどりにおいて、
出品の際になるべく手間がかからないモノを仕入れる事はとても大切ですよ。


ジャンクテレビ:動作確認

動作確認は、とても簡単です。


B-CASカードを入れ、
アンテナをテレビにつないで
リモコンで設定するだけ


普通に映ったらOK(*^▽^*)


あとは、
リモコンのボタンをチャンネルの
切り替えや音量を上げ下げ等を確認

して終了です。


衛星放送については・・・


・普通に考えて20型の小さなTVを一般家庭のリビングには置かない
・地デジは受信できても衛星放送の受信はできない故障は稀

ここらへんを考慮すると検品は地デジだけで十分と私は考えます。


ジャンクテレビ:清掃

中古品は新品とは違います。


お客様に満足して頂くのに、清掃は必須です。


なので、ジャンクテレビは、しっかり清掃しましょう(^^♪


家庭で使うマジックリンを原液のままタオルに浸して

・液晶画面
・フレーム
・電源コード類

の拭き掃除します。


また、今どきのTVと違って古いタイプのモノは
背面に溝があります。

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

なので、エアーダスターで埃を飛ばして、
できるところは綿棒で溝を丁寧に清掃しましょう。


清掃は検品同様、大切な作業です。
手を抜かずしっかり実施しましょう。


まとめ

ジャンクテレビの仕入先・仕入基準・検品方法・清掃は
理解して頂けたでしょうか?


あと、付属品ですが・・・

TVの場合は必ず
リモコンとB-CASカードは付属させましょう。


まずはリモコンは型番を調べると
見つけることができますし、
B-CASカードはamazonでも1000円以下で手に入ります。


最後まで読んでいただきありがとうございました!



P.S.
メルマガ&LINE@では

中古リサイクルショップせどりブログでは「絶対に公開できない裏情報(稼げる情報)」も公開しています!

中古リサイクルショップせどりをもっと知りたい方は、是非ご登録ください!
↓ ↓ ↓
メルマガ登録はこちら