中古せどらーのしゅんすけです!^^
【中古リサイクルショップせどりブログ】を
見ていただきありがとうございます!

おはようございます。
今回は「大口出品・小口出品の違い」
についての記事です(*^▽^*)


それぞれの違いや
メリット・デメリットについて
解説していきます(@^^)/~~~




それぞれの違いとは

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

Amazonの出品方法には
2種類が用意されています。


それが、
大口出品と
小口出品
です。


登録する際に
どちらかを選んで
登録するようになっています。




大口出品と小口出品の
機能比較をした表を
以下に載せておくので、
見比べてみてください。

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

表を見ると分かるように、
月額利用料の必要な大口出品が、
かなり優遇されています。


大口出品の
メリット・デメリット

メリット

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

主なメリットは
以下の通りです(*^^)v


・新規登録してから3ヶ月間、
 月額利用料が無料

・どれだけ販売しても
 基本成約料の100円がかからない

・商品購入者がコンビニ決済、
 代金引換、Edy払いが可能

・出品制限をされたカテゴリーの
 出品ができる


小口出品の場合、
商品購入者は
3つの支払い方法しか選べません。


その点大口出品だと、
6つの支払い方法を選べるので
成約率にも影響してくると思います。




また、
制限されたカテゴリーの商品でも、


申請をすることで
出品できるようになるので、


取り扱える商品も増え、
売上アップにもつながります(*^▽^*)


デメリット

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

大口出品のデメリットは、


月額利用料4900円が
毎月売上から差し引かれる


という点です。




大口出品は、
月額利用料4900円で
Amazonという
巨大な市場を利用できるので


私個人としては
利用料は安いと思いますが、


デメリットをあげるなら
月額利用料がかかるという点ですね。


小口出品の
メリット・デメリット

メリット

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

小口出品のメリットは
以下の通りです。


・月額利用料が無料

・Amazonでの販売を
 気軽に体感することができる


小口出品の1番のメリットは
月額利用料が無料
というところです。


手軽にAmazon販売を行いたいたい方や
不用品販売やには
気軽に出来る小口販売がオススメです^^


デメリット

リサイクルショップせどり
リサイクルショップせどり

デメリットは以下の通りです。


・1つ販売するごとに
 基本成約料がかかる

・購入者が選べる支払い方法が
 3つしかない


小口出品では、
商品を1つ販売するたびに


販売手数料とは別に
基本成約料として100円が、
かかってきます。




さらに、
購入者は支払い方法を


・クレジットカード
・Amazonギフト券、
・Amazonショッピングカード


の、いずれかの方法でしか
支払いが選べないです。




Amazon購入の主流となっている
代金引換、コンビニ決済が
利用することが出来ないので、


購入者の成約率にも
影響してくると言えます。


まとめ

いかがでしたか?


大口出品、小口出品
それぞれの違いや
メリット・デメリットについて
わかったでしょうか?^^


これからせどりで
継続的にAmazonで販売をするのなら


圧倒的に
大口出品の方がいいです!!




それぞれの違いを
しっかりと理解した上で、


自分にあった方法で
取り組んでくださいね(@^^)/~~~




最後まで読んでいただきありがとうございました!


P.S.

リサイクルショップせどりブログでは
「絶対に公開できない裏情報(稼げる情報)」
公開しています!

中古リサイクルショップせどりを
もっと知りたい方は、
是非ご登録ください!
↓ ↓ ↓
メルマガ登録はこちら